ムーンソープ MOONSOAP

植物の力を活かしたコスメ「ムーンソープ」天然の香りを大切に、安心、安全なコスメを手仕事で仕上げます。

2017/10/03

満月レター10/6



金木犀の香りが漂い、空気もひんやりしてきました。

9月末に出店したファーマーズマーケットに並んでいたのは、まるでお月見の満月のような黄桃。

それから、いが栗。秋の味覚の代表です。「三枚のお札」や「さるかに合戦」など、昔話には栗がよく出てきます。

これらは秋が深まる頃のお話。秋になると人々は囲炉裏をかこみながら、物語を紡ぎたくなったのでしょうか。


満月から新月までの過ごし方(10/6~10/19

月がある星座の方向から、この時期にふさわしいケアをお伝えするこのレター。
ご興味のある方は「月と星座について」も併せてお読みください。

2017106340分、満月。

現実にある物ごとを洗練させようとする乙女座の新月から、魚座の満月へ。夢を見て現実の苦味をやわらげる力が働きます。

このときは、早寝をおすすめします。翌朝に早起きしなくてもかまいません。すぐに寝つけなくてもいいのです。眠れないときは目を閉じて、ファンタジーの世界にひたってみましょう。魔法のじゅうたんで星空を駆け巡ったり…。

できれば21時、可能ならば20時に寝てみましょう。 テレビを観たり、仕事をするよりも、パジャマで横たわる方がふさわしいときです。

また、人と関わるときは、ただ寄り添うのが一番。気の利いたお喋りも、大勢でわいわいするのも、このときはちょっとお休み。言葉少なに、ただ静かに一緒にいることが心地よいときを紡ぎます。親しい人となら、昨夜見た夢の話もできますね。 

現実と夢の境界線をあやふやにするこの満月。このときは夢を見ること、もしくは、これは夢かもしれないし、なんてぼんやり思うこと。心配事があっても、まずは月を見上げて深呼吸を。

満月から新月までのボディケア(10/610/19

海を夢見ながらリラックス 

生命の源、母なる海。波の音に耳を傾け、身体の深い部分からリラックス。  海で生命を感じながら、夏の疲れを癒しませんか。秋風の吹く海は、涼やかな表情で迎えてくれるはず。海は最高のデトックスの場所。このときは魚座の満月の影響から、足の解毒がすみやかにうながされます。波で両足を洗うのもいいものですよ。


※写真はクインタプルウォーターの旧ボトルです。現在のボトルはラベルシールが貼ってあります。

海底のきれいな淡水

海洋深層水は、静謐な海底から採水したきれいな淡水。 海に行けない時は、ローションでスキンケアを。『クインタプルウォーター トパーズ』に溶かし込まれている植物成分は、夏の疲れを残した、灼けた肌を癒す効果のある成分がたっぷり。ターメック、ローマンカモミール、マジョラムは炎症を鎮静化するために肌トラブルを改善し、ネロリは損傷した細胞を再生させ、レモングラスは、暑さでゆるんだ毛穴をきゅっと引き締めます。ローマンカモミールの、リンゴを思わせる軽やかな甘さのなかで肌を回復させてください。

全成分:水(海洋深層水)、トレハロース、ローズマリーエキス、ウコン根エキス(ターメリック)、レモングラスエキス、コメ発酵液、ヒアルロン酸Na、ビターオレンジ花油(ネロリ)、ローマカミツレ花油、マヨラナ花油(マジョラム)、キサンタンガム





Page Top