HOME > NEWS

2017/12/06

新製品のお知らせ



贈り物にぴったりなギフトを作りました。心をほっとさせる香りのインテリアです。



ボタニカルワックスバー ¥1,620 (税抜 ¥1,500)

クローゼットにしまったり、玄関の壁にかけたり、その場を香りと視覚で華やがせるナチュラル素材のワックスバーです。3種類香りがお選びいただけます。ちょっとしたギフトにおすすめです。

・クラシックレッド
・リュディックオレンジ 
・グラムールローズ 




フラワーディフューザー ¥4,860 (税抜 ¥4,500)

玄関に飾ったり、寝室においたり、インテリアとしてはもちろん、香りが部屋に広がります。心をこめて、花束を贈りたい大切な人へ。


・ウィンターブーケ【冬季限定】 

ギフトにおすすめな製品ページはこちらからご覧いただけます。

2017/12/01

満月レター 12/4


カサカサと音を聴きながら、道にたまった枯葉を踏みしめて歩くのは晩秋の醍醐味です。このごろは、公園でも落ち葉が掃除されて、なくなっていることもあります。街がコンクリート化され、落ち葉を吸収してくれる空き地や野原が少ないせいか、季節感や野趣が味わえなくなってきました。せっかくお掃除してくれている人には申し訳ないのですが、ケヤキや銀杏の葉たちがごみ袋に詰め込まれているのは切ないものです。

満月から新月までの過ごし方(12/412/17

月がある星座の方向から、この時期にふさわしいケアをお伝えするこのレター。
ご興味のある方は「月と星座について」も併せてお読みください。

2017124047分、満月。

月は、蠍座の新月で始まり、牡牛座で満月になります。地上の幸せを味わう牡牛座の満月から1218日の新月までの半月は、五感をきれいにする気配に満ちています。

美しい冬枯れの景色を眺める。朝の冷気のなかで深呼吸する。赤ちゃんの肌や手紬のカディ、犬や猫、ウサギの毛の心地良い手触りを楽しむ。ショウガを一切れ入れた白湯を味わう。枯れ葉を踏みしめる音を聴く。

より自然なもの、より淡いものにふれると、感覚が浄化されていきます。


大地を味わいたいこのとき。 目的を持たず、ただ歩いてみませんか。気持ち良さそうだな、あそこにはなにがあるんだろう、と感覚のおもむくままにぶらぶら歩く。目的も、その後の予定もない気まぐれな散歩はとても贅沢。

色とりどりのいろいろな形の落ち葉、のんびり散歩をしている見知らぬ人とのお喋り、お地蔵さんのホコリを払うこと、冬鳥の鳴き声に聴き入ること。過去にも未来にもとらわれない、今という時間をゆっくり味わうと、やさしさがあふれだします。


やさしさとは、命をありのままにいつくしむこと。たとえばミツバチは、田舎では農薬で、都会では蜜源がなく、生きるのが難しくなっています。花から花へわたり、黄金のハチミツをつくるあのかわいらしい生き物を、私たちは知らずと苦しめているのです。もし窓辺やベランダに花を咲かせていたら、ほんの小さな花にもミツバチは蜜を求めてやってくるでしょう。ミツバチの羽音は、人間の自律神経をリラックスする効果もあるとか。小さなお客様は、手土産にやさしさを持参してくれます。

さえざえとした光を放ち、冬の夜空に浮かぶ、このときの満月。 あたたかくして、月がよく眺められるところまで出かけませんか。やさしさに満ちた月光を浴びてください。  

満月から新月までのボディケア(12/412/17

 ぷるぷるのくちびる 

くちびるは顔のポイント、健康のバロメーター。食事をしたり、水を飲んだり、楽器を吹いたり、キスをしたり、いろいろなものと触れ合うところ。歌ったり、呼吸をしたり、話したり、笑ったり、叫んだりと自分の内的世界を外に放つ場所。くちびるは、生きる喜びを、さらに豊かに味わわせてくれます。冬は、くちびるがいつもよりかさつきがちで、大切にしたくなる季節。こまめなリップケアで、くちびるをぷるぷるにキープしてあげてください。

 ボタニカルリップ 『 キャロットシード』 


原料であるミツロウやハチミツは、在来種のニホンミツバチのもの。生産量が少ないため、ハチをいつくしむ養蜂家の方から分けてもらい、作ることができました。ハチミツには、傷ついた皮膚を清潔に保ちながら、早く癒し、皮膚を保護する効果があります。これに野生のノラニンジン種子の精油を加えると、含まれているカロテンによって、くちびる表面の再生力がうながされ、冬のくちびるがなめらかになります。さらに血液の強壮作用もあり、くちびるの色つやが良くなり、日焼けの予防もします。穏やかにただようマンダリンレッドの明るい香りを楽しみながら、こまめなリップケアをどうぞ。

ボタニカルリップ 『 キャロットシード』6ml ¥1,404 (税抜 ¥1,300)
全成分: ヒマシ油、ミツロウ(ニホンミツバチ)、カカオ脂、ハチミツ(ニホンミツバチ)、ニンジン種子油(キャロットシード精油)、マンダリンオレンジ果皮油(マンダリンレッド精油)

【注意事項】 季節によってミツロウの色が変わるため、ロットごとに色にばらつきがございます。/高温、直射日光をさけて保管ください。一度溶けてしまうと再凝固する際に、使用感にざらつきが出る場合がございます。/開封後は6か月以内にお使いください。

冬のスパチュラプレゼント キャンペーン実施中(2017年12月-2018年3月)



冬の寒い時期、シアバター、カカオバター、ミツロウを使ったクリーム製品は固さを増します。

オリジナルのスパチュラは、機能性が高い優れものです。チーク材で作られているため丈夫で、自然な風合い。ヘラの部分は職人の手で最大限まで薄くしてあり、クリームがすくいとりやすくなっています。

冬の間は、かわいらしいスパチュラが大活躍です。

ヘラの部分で、バームやクリームをすくい取り、手のひらで温めてクリーム状にしてからスキンケアやヘアケアにお使いください。

以下の製品をお買い上げの方にスパチュラをプレゼントいたします。

期間:2017年12月-2018年3月

クインタプルヴェール 
クインタプルバリア 


2017/11/17

新月レター11/18


青空に映える秋の彩り。紅葉の鮮やかさに見とれてしまいます。たなびく雲や青空、日に日に色を変える木々。立ち止まり、上を見上げたり、足元の落ち葉に魅せられたり。歩くのが楽しい季節ですね。

自転車や車で通り過ぎてしまう風景も、歩くと違う景色に見えてきます。忙しさに追われて見逃すのはもったいないような新たな発見があります。時間は、スピーディに感じたり、ゆっくりと感じたり。自分で思っているより、自分で自在に決めているのだと思います。

Today's MENU

1.マーケット情報  
2.キャンペーン情報
3.製品ニュース
4.新月から満月までの過ごし方

Contents

1.マーケット情報 

2017年12月は出店がありません。

.キャンペーン情報

11月、12月中に、ホームページより、1万円以上ご注文された方へ。
アンティックローズのサンプルバイアル1mlをプレゼントいたします。

3.製品ニュース

視覚も嗅覚も楽しめる香りのインテリア。

「フラワーディフューザー」を季節限定の香り(ウィンターフラワー)で作りました>>

4.新月から満月までの過ごし方(11/1812/3

十二星座、それぞれの個性との調和は、楽しく生きるカギ。 月を意識すると、いつしか月が訪れる星座との美しいハーモニーが生まれます。 


月のある星座の方向から、この時期にふさわしいケアをお伝えするこのレター。
ご興味のある方は「月と星座について」も併せてお読みください。

201711182042分、新月。

114日に牡羊座で満月になった月が、蠍座で新月になります。蠍座の新月は、いつもより深い洞察力を与えてくれます。その深さは、ふだんは隠れていることに行きあたるほど。いつもなら見過してしまう人・物・事の奥にある本質に触れられる機会が訪れるでしょう。

容姿やファッション、学歴や仕事、嗜好性…。私たちはなんとなく表面上で人を判断しがちですが、この蠍座の月は、相手の本質に光を当てます。この一ヶ月ほどは、他者の気持ちに敏感になり、深く触れあうことになるかもしれません。

情報過多の現代社会では、うわべに気をとられがち。すると違和感ばかりが先行し、人との触れあいが怖くなります。蠍座の月はそこを突破する力をサポート。このときは一歩踏み込んで、本音で語ってみませんか。たとえ傷ついたとしても。

蠍座の突破力は、長く深い視野にわたることにも及びます。このときは、自分の人生にとって、真の価値あることは何かを見極めるのにふさわしい時期。誰かの生き方、何かの情報に惑わされず、本当に必要なものは何か、自分自身が本当にしたいことは何か。澄みわたった沈黙のうちに自問自答ができます。

姿のない新月は、精神に深く浸透。 新月になる2042分、あたたかい恰好で戸外に出て深呼吸を。 月の姿が見えない初冬の夜は、あなたをいつくしむ月の気配に満ちています。

新月から満月までのボディケア(11/1812/3

香りをまとう

カーデ、ストール、コート…。重ね着が楽しい季節になりました。帰宅して脱いだコートからは、街の気配。布ばかりではなく、空気も身につけながら外を歩いているのです。この冬は、コートやストールに香りをまとうのはいかがでしょう。つけたばかりの香りと、時間が経ってからの香りの印象をはかりながら、その日の香りを探すのは、とても楽しい作業です。

ビオパフューム 『アンティークローズ』


古代から現代に至るまで、広く深く愛されている薔薇。薔薇の香りを求めるのは女性が多いようですが、この複雑味のある優雅な香りは、成熟した多くの大人が好むはず。

11月にリニューアルしたアンティークローズに使用されているガリカローズは古代種のひとつで、その深く野性味のある香りは、心に力を与えてくれるようです。

この一滴を、手首と心臓、耳の後ろにつけて深呼吸すると、心臓を中心にリラックス。薔薇色の瞑想が可能です。

〇スプレー 30ml 10,500(税抜 ¥9,772
原料:植物由来エタノール、天然香料(ベルガモット、ガリカローズ、モロッカンダマスクローズ、オークモス、パチョリ)
〇ロールオン 5ml ¥2,800(税抜 ¥2,593
原料:有機マカデミア種子油、有機ホホバ種子油、天然香料(ベルガモット、ガリカローズ、モロッカンダマスクローズ、オークモス、パチョリ)

2017/11/01

満月レター11/4


まんまるの柿が実っています。青空に映えるだいだい色は、まさに実りの喜びの色。
地平線近くに燃える満月も、こんな茜色のときがありますね。

肌寒くなって来ました。いつもより、少し多めに歩くと身体も少し暖かくなります。お天気のいい日には秋雲を見上げながら、太陽の暖かさを受けとめたいですね。


満月から新月までの過ごし方(11/411/17

月がある星座の方向から、この時期にふさわしいケアをお伝えするこのレター。
ご興味のある方は「月と星座について」も併せてお読みください。

20171141423分、満月。

月は、身だしなみをととのえる乙女座の新月で始まり、牡羊座で満月となりました。この半月は、つい周囲の目を気にしすぎていたのではないでしょうか。この満月は感情の忘れものを届けます。

ふつふつ感情がわきやすいときなのです。どこかもやもや、すっきりしない。そんなときは、明るい声を出してみましょう。「おはよう」「いただきます」など、挨拶は大きな声で、はっきりと。

放っておかれた感情が「ここにいるよ!」とばかりに、むくむく湧き上がり、怒りやイライラを誰かにぶつけてしまうかも。もしそうなったら、勇気を出して「ごめんなさい」と素直に謝りましょう。心から反省できたら、次に生かし、自分を責め過ぎないこと。また、怒りやイライラをぶつけられたら、 気をゆるしているんだな、ぐらいに受けとめて、軽くかわしましょう。感情をぶつけてしまうのはお互い様。このときの怒りに根深いものはありません。

感情の波に襲われそうになったら、月を見上げて深呼吸を。  

満月から新月までのボディケア(11/611/17

モーニングキャンドル


朝。 眠気がとれず、身支度も家事も始められないときは、キッチンに立って、マッチをシュッとすり、キャンドルに火を灯してください。 起きたら火をおこす。私たち人類は、長い間、火が中心にある朝を過ごしてきました。 炎を前にすると、しっかり取り扱わなければ、という意識が目覚めます。いつの間にか、寝ぼけた頭が醒めていることに気づくでしょう。

青い灯


カクテル「ブルームーン」から着想した『ボタニカルカクテルキャンドル ブルームーン』。 灯すと、スミレ色のブルーが浮かびます。本物の枝付きラベンダーやあずきを練り込み、香りは天然のアロマオイル、キャンドルベースは大豆のソイワックス。自然のもので、絵を描くようにあしらったキャンドルづくりは、手がかかっています。 早起きできたご褒美や、大切な人との食事、やっと都合を繰り合わせた友人とのお喋りの傍らに。もちろん瞑想にも。自分の心と向き合う静かなときに最適です。

全成分:ソイワックス(大豆由来)、ラベンダー油、レモン油、タンジェリン油、ギンコウボク葉油(マグノリアリーフ油)、ニオイスミレ葉油(バイオレットリーフ油)、ベチベル根油(ベチバー油)、あずき、枝付きラベンダー
サイズ:キャンドル本体 φ6.2×6cm/ 箱 7×7×7cm

2017/10/25

UNESCO World Heritage Art Exhibition from Singapore, AYUMI

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
様々な国の、日常の空気を感じられる日記です。
MOONSOAPとつながりのある方々に執筆をお願いしています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
By Ayumi
2012年よりシンガポール在住。
ベトナム系フランス人の夫と、この春3人目の女の子が生まれ、
3人の子育てをしながら、常夏生活を満喫中。趣味はお菓子&パン作り。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー





学校がお休みだった9月のとある日に「レゴ®ブロックで作った世界遺産展」に行ってきました。

フォートカニングアートセンターという、シンガポールの中心地にありながら、緑溢れるフォートカニング公園内の施設で開催されていました。このエキシビションは元々、2003年に渋谷で開催されたことから始まるそうです。ワールドツアーにまで発展して、台湾、香港、そして今回のシンガポールでの開催となりました。思わず、2003年、私は何をしていたかと思い返してしまいました。日本での最初の開催から14年経って、シンガポールで作品の数々を鑑賞することになろうとは、人生、何があるか、どうなっていくか分からないものです。

さて、開催された場所である「フォートカニング公園」は、第二次世界大戦中に日本軍の司令塔があった場所です。歴史的に知っておくべき場所が数多く残っており、シンガポールの中心地にありながら緑豊富な素敵な公園です。(フォートカニング公園については、別の機会にご紹介することにしましょう)

公園内の小高い丘にたたずむフォートカニングアートセンターの一階でチケットを購入して、階段で二階に上がると、出迎えてくれたのがレゴで作られた背の高いエジプトの世界遺産。完成度の高さに胸が高鳴ります。




背後に並ぶその他の大作が気になりながらも、目の前にある一つ一つの作品に引き込まれていきます。実際に訪れたことがある世界遺産の前に立つと、(主に独身時代に回った)旅行の思い出が蘇り、「ママ、次のを見に行こうよ!」と呼ばれてハッと我に返る、そんなことが何度もありました。




まだ訪れたことのない世界遺産も含め、30以上の作品に出会うことができました。





いくつのレゴブロックが使われているのだろう、制作にはどのぐらいの期間がかったのだろう、どんな人が作ったのだろう… このような問いに、パネルの情報が一つ一つ答えてくれます。




レゴブロックのシンプルな一ピースが集まれば、こんな素晴らしい、目を見張るものが出来る!じゃあ、自分たちも何かを作ってみよう!という流れにもきちんと答えてくれた今回の展示イベント。じっくりと見てきた作品に刺激を受けた子供たちが大勢、真っ白なレゴブロックを一心不乱に組み立てる様子が印象的でした。

2017/10/19

ボタニカルリップグロス発売(11月~)


くちびるにつけるリップグロスも、植物色素で色づけられたら。
そう思い立ったのは、2012年。やっとできあがり、201711月にお届けできます。
 
植物色素だけの赤は、やさしい色み。でき上がったカラーは「ルージュ」と表現しましたが、このグロスは本来のくちびるの色を引き立ててくれます。
 
バラやチューリップ、ゼラニウム。地上には赤い色素で花弁を広げる花が多くありますが、それらはすべて水溶性色素。色は水に溶け落ちてしまいます。くちびるに色味をつけるグロスにするには油性でなくてはなりません。さてどうしたものか、とあれこれ試作をくり返した五年間でした。

開発当初から考えていたのは、紫根(シコン)。江戸時代には「紫雲膏」という火傷の治療に用いられたこの植物は、肌荒れを治しながら、くちびるをほのかに赤くします。紫根だけでは色のハーモニーがだせません。他にないか、と探してからが長く、やっと出会えたのが、ビーツ。北海道では「ビート」と呼ばれるビート大根の色素です。お料理で煮込んでも色褪せることなく、鮮やかに発色したままのビーツ。つけてみると、控えめなピンクがくちびるを染めます。

紫根とビーツ。 二つの植物を工夫して色素を引き出すことでMOONSOAP発のルージュカラーを作りました。でき上がったカラーを手にすると、ボルドー色の赤、ワインのように紫がかった赤がつややかに輝いています。植物色素だけでここまで赤くなるなんて、とうっとり。ですが、見た目のままの色がくちびるにつくわけではありません。つけてみると、やわらかに赤みが色づく、といった具合。顔色を良くするカラーです。ふだん使いにはこれだけで、フルメイクのときには重ねてお使いください。

左:『ボタニカルリップバーム』 右:『ボタニカルリップグロス』

ちなみに『ボタニカルリップバーム ピンクペッパー』をつけると本当にうっすらしか変わらないのですが、『ボタニカルリップグロス』を塗るとくちびるの色が明るくなり、顔色が良くみえます。上の写真は白い紙に塗った両者の比較です。
 
くちびるは、ほかの肌と違って皮脂腺も汗腺もなく、つい舌で舐めることもあり、乾燥しやすく、いったん荒れてしまうと元に戻りづらいところ。保湿と栄養を与えるこまめなスキンケアが必要です。また、食べ物と一緒に口に入ってしまうものですから、やはり良質で、美味しそうな方がいい。くちびるは、食べ物を入れる扉ですから、香りや触感に敏感です。

色味を決めたところで、くちびるを保湿し、栄養をいきわたらせる作業にとりかかりました。保湿には、なんといってもひまし油です。砂漠の黄金。乾きに強く、抗酸化成分がたっぷりのひまし油。砂漠地方で古代より広く愛用されるひまし油は、くちびるにつやつやな輝きを与えます。

ここにミツロウを。ミツロウは、紫外線や乾燥などの外気からくちびるを保護します。なにしろミツバチたちが赤ちゃんとハチミツを守るために自ら作り出して使うものですから。さらに、シアバターとマカダミアナッツ油、ハチミツを加えて、たっぷりとくちびるに浸透させ、細胞に水分を保つ丈夫さを与えます。カカオバターがいかにも美味しそうな香りを放ちながら、長時間くちびるを保護します。

これにバニラのような甘い香りのベンゾインと、果実味あふれるジューシーなグレープフルーツが楽しげに、MOONSOAPのルージュカラー『ボタニカルリップグロス』のすこやかに美味しい世界を広げます。くちびるのケアが楽しみになるリップグロス、できあがりました。

これなら、寝る前につけるリップケアにもなります。

くちびるが、つやつやぷるん、となります。

詳細HPはただいま準備中です。