HOME > NEWS

2017/02/21

新月の祈りにあたり


満ちては引いていく海。
潮の干満が月によることは昔からよく知られていました。

農業や漁業は、月のリズムとともにあります。
満月の夜にハーブを摘むことで確かな薬効を得られること、木を伐採させてもらうなら新月の日を選ぶと木が長持ちをすることを知り、実践する人々がいます。

新月に祈ると叶う。
昔の人は、どこにあるかも分からない闇夜の新月に向かって、頭を下げて、祈りを口にしたそうです。
いま、新月に祈りを捧げることが、静かに、確かに広がっています。

新月の祈りは叶うのでしょうか。

地球に棲む私たちが、月のちからを計ろうとしても限界があります。
ただ、ウミガメやサンゴは満月に産卵しますし、ニンゲンも自然分娩では満月が多いという説もあります。さらに、アルコールやスイーツなどのなにかの依存を断ち切るには新月がよいということを実感する人もいます。

月は、私たちの暮らしを律動しています。
そのせいでしょうか、
日々、月を眺めるだけで、身体のリズムが整っていくのは?

月に光が満ちる新月から満月までの半月間、身体は吸収モード。
摂取した栄養はすこやかに身体にもいきわたります。食べたものも、肌につけるコスメもよく浸透しますから、良質なものをいただいたり、肌にのせたりしましょう。

新月の祈りは叶う。

月が、身体や心に影響するなら、運命にも影響を及ぼす可能性はあるでしょう。

だけど、新月に祈りをささげたけれど、叶わなかったよ。
時折、そういうことがあります。
新月の祈りが叶うかどうかは、新月以外の時をどう過ごしたかによるのかもしれません。

日々を月のリズムで整えませんか。
誰かに合わせるのではなく、ただ、自分のいのちの鼓動に合わせるのです。

日々のリズムを整えるのにMOONSOAPがお役に立てれば幸いです。

大量生産ではなく手作業で、
合成化学物質ではなく自然のものでつくった、
コールドプロセスの石けん、
天然精油で調合したパフューム、
大豆でつくったボタニカルアロマキャンドル、
完熟のシアの実で手作りしたシアバターのスキンケアクリーム…。

自然の息吹を閉じ込めた製品は、きっと感性を刺激し、
自分の中心につながるお手伝いをします。

自分らしく。
自分自身の言葉で祈りをささげた時、新月に祈りが届けられます。